Woman.excite

白金台ルカンケ

白金台の「REQUINQUER」で、気のおけない友人とランチ。

メニューが変わるごとに、“美味しいものは美しい”まさに、、、のお料理をいただき、

日々のことを語り合う、しあわせの時間です。


ほんものの「小石」と間違えそうな

小さなパン(小石)と豚のリエットからスタートするコース。

苔に見立てたパウダーもかかった「小石」が箱庭のような演出で運ばれてくると、

毎回、「さ、はじまるよ♡」というワクワクした気持ちになります。


つづいてフォアグラのお菓子仕立て。

フォアグラを小さな小さなお菓子に仕上げる一品。

お菓子といってももちろんデザートではなく、アミューズです。

フォフグラが苦手な私も、これは大好き。


今月は「いちごのエクレア」。

いちごの可愛らしさを出すために、ベビーピンクのレンズ豆の上にちょこんと。

レンズ豆は食べられません。笑


a0231828_14490350.jpg




カリフラワーの甘みを感じる、濃厚でもやさしいスープ。

スープといえども繊細な盛りつけ。

モダンな器とのコントラストも美しく、目も楽しませてくれます。


a0231828_14522447.jpg



前菜は、白子のフリット。

山ほどの山ウドと一緒に、ブロッコリーのソースで。

春を思わせるエディブルフラワーが散らしてあり、華やかな一品です。


実は、白子はふだんは遠慮するのですが、

スタート前にお話をうかがったところ、「きっと美味しくいただける」と確信。

その通りになりました。笑


口に入れたときの濃厚すぎる感じが見事にアレンジされています。

食材の甘みや苦みのバランスが絶妙だし、なんてったって美しい!


a0231828_15002110.jpg




本日の鮮魚は、白菜、里芋、春菊、牡蠣とともに。

アートです!


カリッと香ばしいお魚と、燻製した里芋がとても合う!

春菊もアクセントになって力強い味を、

泡仕立てにしたソースがまろやかにまとめてくれました。


a0231828_15042192.jpg




デザートはタタン。

林檎の酸味とキャラメルのほろ苦さ、アイスクリームの冷たさ、クランブルの食感が

口の中でいっぺんに広がり、

甘くない大人のデザートといった一品。


ボリューム満点のお料理の後でも、ほどよくスーッと味わえます。

この日はコーヒーをやめて、ハーブティーと一緒にいただきました。


a0231828_15102665.jpg


最後に小さな小さなカヌレが、木の幹を模した器に入って出てきます。

ごちそうさまでした♡



大きな通りから1本入った径にある、こじんまりしたフレンチレストランです。

食材の個性が掛け合わさり、丁寧で繊細な美味しさが作り出される一皿、一皿。

美味しくて、美しくて、たのしい“至福の時間”は、

いつも、こころとからだを元気にしてくれます♪♪


by mori-mado | 2018-02-08 15:22 | 美味しいものたち | Comments(0)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム