Woman.excite

「東京マラソン2018」完走しました!

東京マラソン2018、完走しました!

ネットタイムで4時間57分28秒。
ギリギリですが、目標の“サブ5”達成!!
でも、ほんとはもうちょっといけるかなな~んて思っていたんだけど、
意外と根性がないタイプ( *´艸`)

a0231828_22443466.jpg

今年も本当にたくさんのお友だちと、姉&甥っ子1号、叔母が沿道で応援してくれて、
ものすごいパワーが私の背中を押してくれ、足を前へ前へと進めてくれました。
思い出しても、その応援をもらったことの嬉しさで泣けてきます。


では、東京マラソン2018振り返り~♪♪


セキュリティエリアに入ったときの高揚感は何とも言えず、
これから始まる42.195キロの未知なる世界にワクワク。

ウェアは、「応援に行くから目立つ恰好してね」という声を受けて、ピンク!
気温が低かったので、急遽ウィンドブレーカーを着ることにしましたが、
途中で脱げるようにナンバーカードが透けるタイプを探しました。

a0231828_22444213.jpg

ウィンドブレーカー: New Balance (New!)
Tシャツ: NIKE
ロンT: anima
ネックウォーマー&グローブ: asics
パンツ: lulu lemon
タイツ: lulu lemon
シューズ: asics



昨年は、仮設トイレに30分並ぶもスタートまでに順番が来ず、
スタート早々のセブンイレブンで結局25分並び、大きなタイムロスになったのですが、
今年は、セキュリティエリアに入る直前の工学院大学がトイレを開放してくださっていて、
安心してスタートラインに並んでいました。

それでも、「J」ブロックというかなり後方からのスタートに不安を抱いていたとき、
「まどかー!」と呼ぶ声が!
アナ友の存在を超え“心の友”である大坪瑠実ちゃんと黒瀬智恵ちゃんが
スタートから応援に駆けつけてくれました♡

るみちゃんの東京マラソン応援記 → こちら

2人の姿を見たら、もちろんこの笑顔。

a0231828_23012347.jpg


荷物を預けてからスタートまでは約1時間。寒さ対策として、
“リユースに回してもいいパーカーやジャージを羽織って待ち、
スタート地点で脱いで「洋服ポスト」に入れる”
という方法を教わったので、
1年間着倒したユニクロダウンを着て待っていました。おかげで寒くない!


さぁ、スタート!

都庁前からしばらくは走りやすい緩やかな下りが続くので、
飛ばさないように、周りのスタートダッシュに引きずられないように、
20キロ、30キロの練習で刻んだ自分のペースを死守。

沿道の声援、ボランティアさんの支え、
そして、駆けつけてくれた友人の「まどかさん!」「がんばれ!」の声が、
ひとつひとつパワーになります。
清澄白河では、高田川部屋大雷童さんも待っていてくれました。


a0231828_22444001.jpg

試走しただけあって、前半は快調。
1kmごとの表示があっという間に現れ、「あれ、もしかしていけちゃう?」と楽勝ムード。

が、、、もちろんそんなに甘くない42.195キロ。

朝食を“しっかり”食べなかったことが響き、だんだんお腹が空いてきます。
あんぱんを用意してくれているるみちゃん&ちえちゃんとは浅草を最後にうまく会えなくて、
さらに、トイレもそろそろ行っておきたい? などと思ったら、、、

急に足にブレーキが!

とりあえず折り返した後の25キロ手前でトイレ。7、8分のタイムロス。
空腹は、沿道の人から かりんとうやお菓子をいただき乗り越えました。感謝♡

昨年苦しかった後半の日本橋は軽く走り抜けたものの、
日比谷を越えたあたりからだんだん辛くなります。
田町~品川の往復は、腿の裏側の重だるさと、5時間切れるかという焦りとで、
まったく余裕のない状態でした。走る、時々、給水しながら歩く、走る・・・

そんなときも、次々に友人や姉&甥っ子の声援をもらい、
その度に「もうちょっとがんばれる!」と自分に言い聞かせて、
とにかく1歩1歩、止まらずに走りました。

行幸通りで沿道の人たちから大きな声援を受け、東京駅を背にFinish!

自分のネットタイムがすぐにわからず、
「5時間切れた? ダメだった??」とドキドキしていたところ、
応援アプリで追っかけてくれていたラン友さんや平昌にいる夫、沿道で応援してくれた後輩から、
「やったね、サブ5達成!」「4時間57分28秒。がんばったね!」という連絡が次々に入り、
ホッと一安心。ホッとしたらじわじわ足が重くなり、完走したことを実感しました。

a0231828_23462398.jpg

走り終わって、、、

駆けつけてくれたみなさん
駆けつけてくれたのに見つけられなかったみなさん(ごめんなさい)
心配してアプリで応援してくれたみなさん
Facebookで見守ってくれたみなさん、
一緒に練習してくれたみなさん、コーチ、
そして、沿道の人はもちろん東京という街そのもの、
ボランティアや運営のみなさん、

すべての人に「ありがとう♡」という思いでいっぱいです。

3万6千人のランナーが混乱なくチェックインし、
荷物を預け、公道を走り、荷物を受け取って、帰れる。
これって、本当にすごいこと。
10倍、12倍という倍率なのに、2年連続で当選できた「しあわせ」を噛みしめています。

一緒にがんばってくれたシューズはasics。
練習で履いているもうちょっとスピード重視タイプのどちらにするかで悩みましたが、
最終的にサポートタイプの「NEW YORK」に戻しました。
膝、股関節、足首などにダメージがなかったので、私にはこの選択は正解だったと思います。

a0231828_22445351.jpg


おとなになってもらうメダルの嬉しいことと言ったら(≧▽≦)
昨年とまたデザインも変わり、裏には東京マラソンのコースが描かれています。
このデザインが発表になったときに「このメダル、ほしい!」と思ったことも、
モチベーションアップにつながりました。

a0231828_22445033.jpg


完走後に叔母からはお花もいただき、
なんだかオリンピックの金メダルを取ったような嬉しさ(^-^; 笑♡

a0231828_22445660.jpg

東京マラソン2018への道、私なりに、がんばってよかった!
その道のりは楽しかった!それで十分。それがしあわせです。

ありがとう、東京マラソン♡


by mori-mado | 2018-02-26 22:42 | RUN、RUN、RUN♪ | Comments(1)

Commented by Kazue Maruyama at 2018-02-27 06:19 x
東京マラソンサブ5で完走、おめでとうございます! 走り終わっても途中の困難さを感じさせない清々しい笑顔!!
いつか私も一緒に東京マラソン走りたくなりました。バンクーバーでもホノルルでもいいから一緒に走りたいです〜
それまで私もガンバッて走り込んでおきま〜す。
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム